以前「ニキビは潰すと早く治る」という迷信を信じて、実践していました。
私はよくアゴニキビとおしりニキビができてしまうのですが、できる度にニキビを潰して中身を出してしまう様にしていたんです。小さ目のニキビならばひどいことにならなかったのですが、比較的サイズが大きめで色も空くなっているニキビの場合は潰した後が大変でした。
治りが遅くなってしまったり、潰した部分が炎症を起こし膿んでしまったりということが、大きいニキビの場合頻繁に起こりました。「小さいニキビだったら治ってくれたのに」と思った時もよくありましたね。
また、たとえニキビが治ったとしても潰した跡が残りやすくなってしまうので、後々後悔したということも多々ありました。今でも消えないニキビ跡があるのでメイクの際など困ることがあります。

現在、この迷信を信じてニキビを潰すなんてことは行っておりません。運が良くて早く治ったことがあったとしても、上記の様に悪化させてしまうこともありますので、やはりニキビは潰さないことと刺激を与えないことが治療に有効なのではないかと思います。

 

Trackback

no comment untill now

Sorry, comments closed.